成長期の子供の足を守る●自宅でできる足の簡単セルフチェック●

こんにちは☆

スタッフMです。

 

 

今日のテーマは「子供の足と靴」

 

子供の足は、7歳頃までが骨の形成にとても大切な時期です。

その後も、12歳頃までは不安定なので、しっかりとした靴を選ばないと骨が歪んだまま育ち、

大人になってから外反母趾や偏平足など、足についての悩みを多く抱える事になってしまうかもしれません。

 

靴文化の先進国のドイツでは「足は全身を支配する」いう考え方が浸透しており、

赤ちゃんの頃から足の健康診断を行い、子供の足の発育に注意を払っています。

 

しかし、ここは日本。

特別、足の健康について診てもらう機会ってないですよね…

 

ロビンフットでは大人の靴だけでなく、

子供靴もあつかっていますので、

「子供の足が健康か見て欲しい」という

親御さんからのご相談も良く受けます。

 

そこで今日は、ご家庭で簡単に出来る

お子様の足のセルフチェックをご紹介したいと思います☆

以下の2点のポイントを見てみましょう。

 

 

【カカトの骨は歪んでいない?】

 

お子様のカカトの骨からアキレス腱に沿うラインは床に対して垂直ですか?

素足の状態で後ろから見てあげてください。

カカトが内側や外側に歪んでいるとO脚やX脚になったり、土踏まずが形成されなくなります。

 

カカトに歪みがある場合も焦らないで!

先にも書いたように、子供の足は発達途中。

まだまだ骨が柔らかく、歪みやすいです。

 

歪みやすいという事は、矯正もしやすいという事。

子供の足の問題は靴を変えれば短期間のうちに症状が改善されることが多いです。

 

しっかりとくるぶしまで支えてくれるハイカットタイプの靴を選んであげるといいでしょう。

 

 

 

【指先はまっすぐ伸びている?】

 

指先はまっすぐ伸びていますか?

靴の選び方や履き方が間違っている時、イラストの様に指が丸まってきてしまいます。(ハンマートゥ)

 

ハンマートゥはタコやウオノメ、冷え性の原因だけでなく、

偏平足や開帳足、カカトの歪みなど、足の様々なトラブルを引き起こす原因になってしまいます。

 

足からのSOSのサインなので、見過ごさないようにして、

靴の選び方や履き方を今一度見直しましょう!!

 

 

 

また、セルフチェックと同時に

正しい靴の選び方や履き方が出来ているかチェックしてあげましょう。

 

長くなってしまうので、ここからは次回!

書いていきたいと思います☆
 

●*****●●*****●●*****●●*****●

インスタグラムやっています‼
https://www.instagram.com/robinfoot_shoe/ 

フォローお待ちしてます😄 
お問い合わせはお気軽に⤴⤴

●*****●●*****●●*****●●*****●

 

HP:http://robinfoot-shoe.com/

 

●*****●●*****●●*****●
ロビンフット靴店 大船店
〒247-0056
神奈川県鎌倉市大船2-6-1

TEL:0467-42-6322

11:00-19:00


*****

 

●*****●●*****●●*****●
ロビンフット靴店 荻窪店
〒167-0032
東京都杉並区天沼3-4-12
TEL:03-5347-0890

10:00-19:00


*****

 

●*****●●*****●●*****●
ロビンフット靴店 大森店
〒143-0016
東京都大田区大森北1-11-1
TEL:03-6423-0733
11:00-19:00

 

*****

 

定休日:水曜日

●*****●●*****●●*****●

0

    外反母趾の痛みに負けない!靴の選び方・履き方

    こんにちは!スタッフMです。

    今日は引き続き、足のお悩みNO.1「外反母趾」について。第二弾の記事です。

     

    前回の記事(親指が痛い!外反母趾って治せるの?改善するためのポイントはズバリ「靴習慣」)では、

    外反母趾は靴で足指の自由が奪われる「靴生活」の積み重ねで発症していくことをお伝えしました。

     

    本日のテーマはズバリ…

    健康的な「靴生活」を送るための靴選びについて書いていきます。

     

     

    【靴選びの秘訣.汽ぅ坐び】

    外反母趾は

    〃い蚤指の自由が奪われる

    △修里燭瓩剖敍や靭帯の力が弱まる

    Bのすぼみ(横のアーチ)に力がなくなり、足が横に広がり、親指の関節が靴にあたる・・・

    といった過程で発症します。

     

     ,慮彊として、間違ったサイズ選びをしてしまっている事がまず挙げられます。

    靴につま先があたってしまうと足指の自由が奪われてしまうので、

    「捨て寸」と呼ばれる、実寸より1〜1.5cm程つま先にゆとりのあるサイズ選びが必要になります。

     

    つま先ではなく、カカトに合わせて履く

     

    また、靴を履く時のイメージと言うと、

    つま先をトントンとつくイメージが一般的ですが、それではつま先に余裕は取れません。

    つま先ではなく、カカトにしっかりと靴を添わせるようにしましょう。

    カカトには通常、足を支えるための硬い芯が入っているので、添わせてあげる事で楽に歩く事ができます。

     

     

    中敷きに足を当ててサイズ選びをすると選びやすい。つま先には最低でも1僂陵祥気髻

    同じ「23cm」と言う表記の靴であっても、メーカーや木型によって実際のサイズは変わってきます。

    差が大きいものだと、2cm以上違うことも…

    「いつも23僂鯀んでいるから」といった具合に、サイズ表記を鵜呑みにするのではなく

    都度、そのサイズで良いのか確認するようにしましょう。

     

    「捨て寸」があるかどうかは、中敷が抜けるタイプの靴であれば、

    中敷を抜いて、足に合わせてみましょう。

    その際、靴を履く時と同様に、カカトに足を合わせましょう。

     

    つま先に指一本と少しの余裕があれば、きちんと「捨て寸」のあるサイズ選びが出来ています。

    足は立ち上がるとさらに大きく伸びるので、ギリギリ指一本分ではなく、それよりも少し余裕がある位が望ましいです。(※画像参照)

     

     

    【靴選びの秘訣足の形に合った靴を選ぶ】

    人間の足の広がり方に対して、先がすぼまっている靴が多い。

    ,慮彊となる靴は、窮屈なサイズ選びの靴だけに限りません。

     

    赤ちゃんの足を想像していただけると分かりやすいのですが、人間の足はつま先にかけて広い扇形をしています。

    足指の自由を確保するための靴選びをしようと思うと、この扇形に沿った形の靴を選ばなければいけないのですが、

    健康的なイメージであるはずのスニーカーや、※「4E」などの幅広なイメージを謳った靴でさえ、

    先がすぼまったデザインであることがほとんどです。

     

    (※【E】という表記は幅のことであると勘違いされがちなのですが、

    足囲を表す数字なので、【先すぼまりの4E】の靴も数多くあります。

    この辺のお話は、また別の機会に・・・)

     

    実をいうと、日本の市場に出回っているほとんどの靴は、指先に十分なゆとりは取れません。

    そのため、正しい知識を持たずに靴選びをすると、足の形に合わない靴を選んでいることがほとんどです。

     

    先に書いた中敷きの上に乗る確認方法は、

    ご自身の足の形に沿った靴かどうかの確認にも有用です。

     

     

    【靴選びの秘訣I海筌戰襯箸覆瀕韻瓩里△觀ぁ

    脱ぎ履きしやすく、おしゃれなスリッポンですが、足には負担が大きい。

     

    加えて、紐やベルトの無いスリッポンタイプの靴も好ましくありません。

     

    いくら爪先に余裕のあるサイズ選びをしても、足が靴の中でズルズル動いてしまうので、歩きにくくなってしまいます。

    また、この時足の指は足が動いてしまわないように踏ん張った状態になるので、足指の自由は奪われます。

     

    そもそも、カカトがパカパカと脱げる原因にもなってしまうので、余裕のあるサイズ選びは出来ません。

     

     

    この問題は、スリッポンだけの問題ではなく、

    ヒモ靴を結びなおさずに脱ぎ履きする方も要注意です。

     

    せっかく靴に足を固定する役割のある紐があっても、きちんと締めないのであればスリッポンを履いているのと同じです。

     

    日本人は玄関で靴を脱ぎ履きすることや、草履下駄の文化からかでしょうか。

    靴ひもをしっかりと締めずに歩いている人がとても多いです。

     

     

    【まとめ】

    いかがでしたか?

    靴は元々ヨーロッパの文化で、日本での歴史はまだまだ浅く、

    その正しい選び方や履き方の文化までは浸透していないのが現状です。

    このブログをきっかけに今一度、靴を選ぶ際の参考にしていただけると幸いです。

     

    *本日のお話のおさらい*

    ◆つま先に1〜1.5cm程ゆとりのあるサイズ選びをする

    ◆靴をカカトにしっかりと添わせて履く

    ◆紐やマジックベルトのある靴を選び、しっかりと留める

    ◆先がすぼまったデザインを避け、足の形にあった幅広の靴を選ぶ

    ●*****●●*****●●*****●●*****●

    インスタグラムやっています‼
    https://www.instagram.com/robinfoot_shoe/ 

    フォローお待ちしてます😄 
    お問い合わせはお気軽に⤴⤴

    ●*****●●*****●●*****●●*****●

    HP:http://robinfoot-shoe.com/

     

    ●*****●●*****●●*****●
    ロビンフット靴店 大船店
    〒247-0056
    神奈川県鎌倉市大船2-6-1

    TEL:0467-42-6322

    11:00-19:00


    *****

     

    ●*****●●*****●●*****●
    ロビンフット靴店 荻窪店
    〒167-0032
    東京都杉並区天沼3-4-12
    TEL:03-5347-0890

    10:00-19:00


    *****

     

    ●*****●●*****●●*****●
    ロビンフット靴店 大森店
    〒143-0016
    東京都大田区大森北1-11-1
    TEL:03-6423-0733
    11:00-19:00

     

    *****

     

    定休日:水曜日

    ●*****●●*****●●*****●

     

     

    0

      親指が痛い!外反母趾って治せるの?改善するためのポイントはズバリ「靴習慣」

      こんにちは!

      スタッフMです。

      たまには健康靴屋のブログらしく…今日は、お悩み件数NO.1の外反母趾について書いていきたいと思います。

       

       

       

      【外反母趾とは】

       

      外反母趾とは、足の親指の付け根の関節が突出して曲がってしまい、

      「くの字」のようになってしまっている状態の事を指します。

       

      そこまで目立った変形は無くとも、

      靴を履くといつも親指の付け根が当たって痛いという方から

      足の親指が人差し指に乗っかってしまうほど曲がってしまいお悩みの方まで

      ロビンフットにも外反母趾でお悩みの方が数多くご来店されます。

       

       

       

      【外反母趾は生活習慣病?】

       

       

       

      外反母趾の原因はほとんどの場合、

      靴の選び方や履き方の生活習慣に起因しています。

      世間一般ではあまり言われていませんが、

      現代人の多くが悩まされている生活習慣病であると言っても過言は無いでしょう。

       

      生活習慣に起因しているとは言っても、

      ヨーロッパほど靴の歴史が長くない日本では、

      靴の履き方や選び方に関する正しい知識はまだまだ浸透していなく、

      ほとんどの方が良好とはいえない「靴生活」を送っています。

       

       

      【健康的な「靴生活」…送っていますか?】

       

       

      ここで少し、皆様の「靴生活」を振り返って頂きましょう。

      以下の項目に当てはまる事はありませんか?

       

      ・パンプスやヒール、先のとがった革靴を日常的に履く。

      ・ローファー・スリッポンなど留めの無い靴を日常的に履く。

      ・紐を結びなおさずに脱ぎ履きする。

      ・靴のサイズはピッタリ目か少しきつめが好き。

       

      ・・・・

      おそらく、一つくらいは当てはまる事があったのではないでしょうか。

      この生活、どれも外反母趾を始めとする足のトラブルを引き起こす原因になってしまうのです。

       

       

      【そもそも、何で外反母趾になるの?】

       

       

      外反母趾は

      〃い蚤指の自由が奪われる

      △修里燭瓩剖敍や靭帯の力が弱まる

      Bのすぼみ(横のアーチ)に力がなくなり、足が横に広がり、親指の関節が靴にあたる・・・

      といった過程で発症します。

       

      今現在、外反母趾や親指の痛みにお悩みの方も、

      おそらく、1日2日で急に足の指が曲がってしまった(痛くなった)!というわけではないと思うのです。

      パンプスや合わない靴を履いているうちにじわじわと悪化し、

      気づいた時にはもうツライ…という方が多いのでは無いでしょうか。

       

      実は、先ほど例に挙げた「靴生活」は見事に,慮彊となってしまうものばかり…

      この生活の積み重ねで少しづつ悪化していくので「足の生活習慣病」なんです。

       

      逆に言えば「靴生活」をしっかり見直して頂ければ、

      曲がってしまった親指をまっすぐに治すことはできませんが、

      外反母趾からくる足の痛みを改善させることはできます。

       

      じゃあ、どんな靴を選んだらいいの?

      という問いには・・・・

       

      長くなってしまったので

      次回!書いていきたいと思います(;^_^A

       

      ●*****●●*****●●*****●●*****●

      インスタグラムやっています‼
      https://www.instagram.com/robinfoot_shoe/ 

      フォローお待ちしてます😄 
      お問い合わせはお気軽に⤴⤴

      ●*****●●*****●●*****●●*****●

      HP:http://robinfoot-shoe.com/

       

      ●*****●●*****●●*****●
      ロビンフット靴店 大船店
      〒247-0056
      神奈川県鎌倉市大船2-6-1

      TEL:0467-42-6322

      11:00-19:00


      *****

       

      ●*****●●*****●●*****●
      ロビンフット靴店 荻窪店
      〒167-0032
      東京都杉並区天沼3-4-12
      TEL:03-5347-0890

      10:00-19:00


      *****

       

      ●*****●●*****●●*****●
      ロビンフット靴店 大森店
      〒143-0016
      東京都大田区大森北1-11-1
      TEL:03-6423-0733
      11:00-19:00

       

      *****

       

      定休日:水曜日

      ●*****●●*****●●*****●

      0

        足と靴のちょっといい話〜脱ぎファスナーのすすめ〜

         

        久々に「足と靴の話」シリーズです!

         

        ヒモ靴をおすすめしたお客さまからの

        あるあるコメント:

        「あら、ファスナーがないのね〜

         じゃあダメダメ!」

        ファスナーの有無が、

        靴選びに大きく影響するのです。

         

        ヒモ靴は、靴のなかでもいちばん

        足のかたちにピッタリ添わせることが

        できるデザイン。

        歩いたり走ったりしても

        靴の中で足がズレないので、

        膝や腰、股関節の痛みなど

        お身体の問題を抱えているかたには最適です。

         

        ですが、いちいちヒモを

        ほどいたり

        むすんだり

        ゆるめたり、、、はちょっと面倒。

         

        腰や股関節が痛い場合、

        前にかがむことが難しくて

        敬遠されることも多いです。

         

        そこで登場したのが、

        脱ぎ履きを楽にできる

        ファスナー付きのヒモ靴。

        脱ぎ履き、と言いましたが

        着脱の際にもずっとヒモは締めっぱなし、

        というのは、実はあまり

        おススメできません。

         

        というのは、着脱を繰り返すうちに

        ヒモがゆるんで

        足が中で動いてしまうようになります。

         

        また履く時には

        少々ムリヤリ足を詰め込むことで

        とくにカカトまわりの型崩れも

        起きやすくなるのです。

         

        そこでご提案するのは

        脱ぎファスナー

        (そんな専門用語はありません、ねんのため)

         

        つまり

        脱ぐ時にはファスナーだけ開いて脱ぎ、

        履く時にはヒモをしっかり締めなおす。

         

        それでも

        どうしてもヒモ結びが大変!

        でも靴をフィットさせたい!

        という場合は

        サッと止められるマジックテープ(ベルクロ)

        のついたデザインもいいでしょう。

         

        デザインも大事、

        履き心地も大事、

        そして脱ぎ履きの手間も。

         

        お客さまのそんなご都合に

        寄り添っての靴選び♥でした。

         

        ******

        写真はすべて当店自慢のオリジナル商品

        AFWシリーズの靴です★★★★★

        ******

        足と靴の話:担当

        荻窪店スタッフT

        ******

         

         

        ●*****●●*****●●*****●●*****●

        インスタグラムやっています‼
        https://www.instagram.com/robinfoot_shoe/ 

        フォローお待ちしてます😄 
        お問い合わせはお気軽に⤴⤴

        ●*****●●*****●●*****●●*****●

        HP:http://robinfoot-shoe.com/

         

        ●*****●●*****●●*****●
        ロビンフット靴店 大船店
        〒247-0056
        神奈川県鎌倉市大船2-6-1

         

        9/中旬リニューアルオープン予定


        *****

         

        ●*****●●*****●●*****●
        ロビンフット靴店 荻窪店
        〒167-0032
        東京都杉並区天沼3-4-12
        TEL:03-5347-0890
        *****

         

        ●*****●●*****●●*****●
        ロビンフット靴店 大森店
        〒143-0016
        東京都大田区大森北1-11-1
        TEL:03-6423-0733
        *****
        営業時間
        午前10:00 〜 午後7:00

        *****

        *****

        定休日

        水曜日

        ●*****●●*****●●*****●

         

         

         

         

         

        0

          足と靴のチョットいい話〜足にいい靴は軽くて柔らかな靴?〜

          「軽くて柔らかくて楽な靴をください」というお客様がたくさんいらっしゃいます。

           

          「楽な靴」とは「足を守り、たくさん歩いても疲れない靴」をいうはずです。

           

          ロビンフットのオリジナル健康靴、AFW98533

           

          たとえば、登山靴は硬く重くできています。

          山道を歩くので特に、先述のポイントが重要なはず。

          なぜ硬く重いのでしょうか?

           

          答えは、体重をしっかり支え足を守るために

          靴底やカカトに硬い芯が入っているからです。

          そのため、手で持つと少し重くて硬い感触がします。

          しかし、履いて歩くと重さは感じません。それは靴の重さで、足が前に振り出されるからです。

          街を歩く靴と登山靴では歩く環境が違うので、一概には言えませんが…

          よほど筋力がなく歩くのがやっと、という人以外、靴は少し重い位のほうが楽に歩けます。

           

          指の付け根だけ屈曲する靴が理想

           

          「カカトをふんづけて、ササッと履ける靴だと楽でいいわ〜」

          と言われる事がよくありますが、

          そのような靴は歩くために必要な留めも,

          体重を支える芯も入っていないため、楽に歩けません。

          履くのが大変な靴の方が楽に歩けます。

          矛盾するような表現ですが、真実です。

           

          足に良くない、ねじれてしまう軽くて軟らかい靴

           

          手でヒョイッとねじれてしまう程に軟らかな靴では体重を支えきれずに、

          足だけでなく膝や腰も痛めてしまいますよ!

           

          0

            ●靴にまつわるホントの話●サイズ表記は単なる目安

            皆さまこんにちは!

            三が日が過ぎましたが、まだまだお正月ムードですよね〜

             

            新年に心機一転、新しく靴を買い換えよう、

            という方も多いのではないのでしょうか。

             

            新しく靴を買う、、、となった時

            皆さまサイズ選びはどうなさっていますか?

             

            実寸より1〜1.5cm余裕をとる「捨て寸」のお話はしたと思いますが…

             

            ★☆「捨て寸」の記事はこちら☆★

            良い靴の選び方 19:つま先のよゆう「すてすん」

            良い靴の選び方 20 : 続・つま先のよゆう「すてすん」

             

            今回は違った角度から、靴選びに役立つお話をしたいと思います。

            「いつも23.5cmでピッタリだから、それ以外のサイズは選ばない!」という方…

            その靴選び、間違っているかもしれませんよ!!!

             

            〜〜〜〜〜〜〜〜

            本日は靴のサイズ表記にまつわるお話です。

             

            それでは皆さまに、さっそく質問です。

            ここに23.5cmのウォーキングシューズが2足あります。

            どちらもアサヒシューズから発売されている人気商品です。

             

            靴の内寸をあらわすであろう中敷きの長さは、

            同じだとお思いですか?また、何センチ位あるでしょう???

            どちらもアサヒシューズのウォーキングシューズ。左:[TOP DRY]TDY3862 右:[Medical Walk]L001 

             

             

            「どちらも23.5cmなんだから、同じ23.5cmに決っている。まして同じ会社が作っているのだし‥」

            そう思うかもしれませんが、実際にはこの2つの靴、

            同じサイズ表記でも内寸の大きさが違う靴として、スタッフの間でも有名な靴なんです!

             

            左;メディカルウォーク 右;TOP DRY どちらも23.5cmのEEE

             

            実際に定規で測ってみると、TOP DRYの中敷きは24.0cmですが、

            メディカルウォークの中敷きは25.0cmありました。

             

            画像で比べてみても、一目瞭然。

            メディカルウォークのほうが1cm大きい

             

            このように、同じ23.5cmの靴でも、

            実際の大きさは靴によって5mm〜2cm程あると言われています。

             

            なぜ同じサイズ表記なのに実寸に2cmも差が出てしまうことがあるのか?

             

            それは日本では、実際の足の長さが23.5cmの人が履いて

            ちょうどよいと感じる大きさをメーカー独自の視点で割り出し表示する決まりになっているからです。

             

            いわば厳格な決まりはなく、サイズ表示は大きさにバラつきがあり、

            靴選びの単なる目安に過ぎないのですね…。

             

            靴のサイズ表記は単なる目安、という事をお分かりいただけたでしょうか?

            「このサイズしか履けない!」と固執してしまうと、

            履けたかもしれない気に入ったデザインの靴を逃してしまうかもしれないどころか、

            足の健康に悪影響な靴を選んでしまっているかもしれませんよ!

             

            サイズに迷いがあるときには、当店のスタッフが確認いたしますので、

            お気軽にお声がけくださいね(^^♪

             

             

            ●*****●●*****●●*****●●*****●

            インスタグラム
            https://www.instagram.com/robinfoot_shoe/ 

            Facebook

            https://www.facebook.com/robinfoot.shoe/

            フォローお待ちしてます😄 
            お問い合わせはお気軽に⤴⤴

            ●*****●●*****●●*****●●*****●

            HP:http://robinfoot-shoe.com/

             

            ●*****●●*****●●*****●
            ロビンフット靴店 大船店
            〒247-0056
            神奈川県鎌倉市大船2-6-1
            TEL:0467-42-6322
            *****

             

            ●*****●●*****●●*****●
            ロビンフット靴店 荻窪店
            〒167-0032
            東京都杉並区天沼3-4-12
            TEL:03-5347-0890
            *****

             

            ●*****●●*****●●*****●
            ロビンフット靴店 大森店
            〒143-0016
            東京都大田区大森北1-11-1
            TEL:03-6423-0733
            *****
            営業時間
            午前10:00 〜 午後7:00

            *****

            *****

            定休日

            水曜日

            ●*****●●*****●●*****●

             

             

             

            0

              良い靴の選び方 20 : 続・つま先のよゆう「すてすん」

               

               

              2018/08/20

              良い靴の選び方20

               

              捨て寸(すてすん)のお話(2

               

               

              ↑ひもなどで甲周りを調節して押さえられるものがベスト!

               

               

              靴はつま先に大人で1.0〜1.5cm、

              子どもでも7〜8mmのよゆうが必要。

              この寸法のことを「捨て寸」といいます。

               

              というのが前回のおはなし。

               

              スポッと履ける靴で捨て寸は取れる?

               

              答えは、ほぼNO

               

              さっと履いてさっと脱げる靴は、

              履き口をとめて甲を押さえる機能がありません。

               

              すなわち

              1.0〜1.5cmの捨て寸をとると、

              靴の中で足が泳いでしまいます。

               

              歩きにくくなりますし、

              足が前に突っ込んだりして

              ユビ先のトラブルの原因になります。

               

              正しい捨て寸をとれる靴は

              甲がきちんと押さえられる靴

               

              そうなると、やはりひも靴か、

              マジックベルトがベストです。

               

               

              よく「甲になんにもない

              シンプルなデザインがいい!」

              というお客さまもいらっしゃいます。

               

              残念ながら

              甲に「なんにもない」場合は

              捨て寸確保がとてもむずかしいのです。

               

              足ゆびの自由を確保し、

              足の健康、そして全身の健康を保つために

              必要な捨て寸。

               

              捨て寸を確保できるデザインを

              慎重に選びましょう。

               

              ・・・・・・・・・・・・

               

              つづく (*^_^*)

              ・・・・・・・・・・・・

              ・・・・・・・・・・・・・

              インスタグラムやっています‼
              http://www.instagram.com/robinfoot.shoe 

              フォローお待ちしてます😄 
              お問い合わせはお気軽に⤴⤴

              ・・・・・・・・・・・・・

               

               

              「足と靴のお話」By ロビンフット靴店店主

              ブログ編集担当:ロビンフット荻窪店スタッフT

              ・・・・・・・・・・・・

              ロビンフット靴店 荻窪店

              〒167-0032

              東京都杉並区天沼3-4-12

              TEL:03-5347-0890

               

              ロビンフット靴店HPはこちら>>http://robinfoot-shoe.com/index.htm

              0

                良い靴の選び方 19:つま先のよゆう「すてすん」

                2018/08/09

                良い靴の選び方19

                 

                捨て寸(すてすん)のお話

                 

                 

                つま先によゆう。かかとはぴったり。

                 

                 

                靴はつま先に大人で1.0〜1.5cm、

                子どもでも7〜8mmのよゆうが必要です。

                 

                この寸法のことを「捨て寸」といいます。

                 

                歩くと足のゆびが伸びます

                 

                歩いて足が屈曲したとき、

                足ゆびが1cmほど前に伸びます。

                 

                その時に「捨て寸」がないと

                靴のつま先にゆび先がつっかえてしまいます。

                 

                つっかえるのがイヤで

                足を屈曲させない歩き方になることもあり、

                そうすると今度は腰だとかほかの部分に

                負担がかかってくることになります。

                 

                足ゆびの自由を確保し、

                足の健康、そして全身の健康を保つために

                捨て寸が必要なのです。

                 

                ・・・・・・・・・・・・

                 

                つづく (*^_^*)

                ・・・・・・・・・・・・

                ・・・・・・・・・・・・・

                インスタグラムやっています‼
                http://www.instagram.com/robinfoot.shoe 

                フォローお待ちしてます😄 
                お問い合わせはお気軽に⤴⤴

                ・・・・・・・・・・・・・

                 

                 

                「足と靴のお話」By ロビンフット靴店店主

                ブログ編集担当:ロビンフット荻窪店スタッフT

                ・・・・・・・・・・・・

                ロビンフット靴店 荻窪店

                〒167-0032

                東京都杉並区天沼3-4-12

                TEL:03-5347-0890

                 

                ロビンフット靴店HPはこちら>>http://robinfoot-shoe.com/index.htm

                0

                  | 1/5PAGES | >>

                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  282930    
                  << June 2020 >>

                  ロビンフット靴店は

                  ご希望の方の足をお測りして、
                  足のカルテを作り、
                  無料でさしあげています。

                  営業時間(時短営業中です)
                  ・大船店&大森店11時〜17時
                  ・荻窪店10時〜17時
                  ※営業時間中にご連絡いただければ、
                   18時まで対応いたします。
                   水曜定休(祝・休日は営業)
                   年末年始と夏季休暇あり

                  ★大船店
                   神奈川県鎌倉市大船2-6-1
                   0467(42)6322
                   robinfoot.oohfuna@gmail.com
                  ★荻窪店
                   東京都杉並区天沼3-4-12
                   03(5347)0890
                   robinfoot.ogikubo@gmail.com
                  ★大森店
                   東京都大田区大森北1-11-1
                   03(6423)0733
                   oomori.robinfoot@gmail.com

                  最新の投稿

                  カテゴリー

                  一覧

                  コメント

                  リンク

                  サイト内検索

                  その他

                  mobile

                  qrcode