足と靴のちょっといい話〜脱ぎファスナーのすすめ〜

 

久々に「足と靴の話」シリーズです!

 

ヒモ靴をおすすめしたお客さまからの

あるあるコメント:

「あら、ファスナーがないのね〜

 じゃあダメダメ!」

ファスナーの有無が、

靴選びに大きく影響するのです。

 

ヒモ靴は、靴のなかでもいちばん

足のかたちにピッタリ添わせることが

できるデザイン。

歩いたり走ったりしても

靴の中で足がズレないので、

膝や腰、股関節の痛みなど

お身体の問題を抱えているかたには最適です。

 

ですが、いちいちヒモを

ほどいたり

むすんだり

ゆるめたり、、、はちょっと面倒。

 

腰や股関節が痛い場合、

前にかがむことが難しくて

敬遠されることも多いです。

 

そこで登場したのが、

脱ぎ履きを楽にできる

ファスナー付きのヒモ靴。

脱ぎ履き、と言いましたが

着脱の際にもずっとヒモは締めっぱなし、

というのは、実はあまり

おススメできません。

 

というのは、着脱を繰り返すうちに

ヒモがゆるんで

足が中で動いてしまうようになります。

 

また履く時には

少々ムリヤリ足を詰め込むことで

とくにカカトまわりの型崩れも

起きやすくなるのです。

 

そこでご提案するのは

脱ぎファスナー

(そんな専門用語はありません、ねんのため)

 

つまり

脱ぐ時にはファスナーだけ開いて脱ぎ、

履く時にはヒモをしっかり締めなおす。

 

それでも

どうしてもヒモ結びが大変!

でも靴をフィットさせたい!

という場合は

サッと止められるマジックテープ(ベルクロ)

のついたデザインもいいでしょう。

 

デザインも大事、

履き心地も大事、

そして脱ぎ履きの手間も。

 

お客さまのそんなご都合に

寄り添っての靴選び♥でした。

 

******

写真はすべて当店自慢のオリジナル商品

AFWシリーズの靴です★★★★★

******

足と靴の話:担当

荻窪店スタッフT

******

 

 

●*****●●*****●●*****●●*****●

インスタグラムやっています‼
https://www.instagram.com/robinfoot_shoe/ 

フォローお待ちしてます😄 
お問い合わせはお気軽に⤴⤴

●*****●●*****●●*****●●*****●

HP:http://robinfoot-shoe.com/

 

●*****●●*****●●*****●
ロビンフット靴店 大船店
〒247-0056
神奈川県鎌倉市大船2-6-1

 

9/中旬リニューアルオープン予定


*****

 

●*****●●*****●●*****●
ロビンフット靴店 荻窪店
〒167-0032
東京都杉並区天沼3-4-12
TEL:03-5347-0890
*****

 

●*****●●*****●●*****●
ロビンフット靴店 大森店
〒143-0016
東京都大田区大森北1-11-1
TEL:03-6423-0733
*****
営業時間
午前10:00 〜 午後7:00

*****

*****

定休日

水曜日

●*****●●*****●●*****●

 

 

 

 

 

0

    足と靴のチョットいい話〜足にいい靴は軽くて柔らかな靴?〜

    「軽くて柔らかくて楽な靴をください」というお客様がたくさんいらっしゃいます。

     

    「楽な靴」とは「足を守り、たくさん歩いても疲れない靴」をいうはずです。

     

    ロビンフットのオリジナル健康靴、AFW98533

     

    たとえば、登山靴は硬く重くできています。

    山道を歩くので特に、先述のポイントが重要なはず。

    なぜ硬く重いのでしょうか?

     

    答えは、体重をしっかり支え足を守るために

    靴底やカカトに硬い芯が入っているからです。

    そのため、手で持つと少し重くて硬い感触がします。

    しかし、履いて歩くと重さは感じません。それは靴の重さで、足が前に振り出されるからです。

    街を歩く靴と登山靴では歩く環境が違うので、一概には言えませんが…

    よほど筋力がなく歩くのがやっと、という人以外、靴は少し重い位のほうが楽に歩けます。

     

    指の付け根だけ屈曲する靴が理想

     

    「カカトをふんづけて、ササッと履ける靴だと楽でいいわ〜」

    と言われる事がよくありますが、

    そのような靴は歩くために必要な留めも,

    体重を支える芯も入っていないため、楽に歩けません。

    履くのが大変な靴の方が楽に歩けます。

    矛盾するような表現ですが、真実です。

     

    足に良くない、ねじれてしまう軽くて軟らかい靴

     

    手でヒョイッとねじれてしまう程に軟らかな靴では体重を支えきれずに、

    足だけでなく膝や腰も痛めてしまいますよ!

     

    0

      ●靴にまつわるホントの話●サイズ表記は単なる目安

      皆さまこんにちは!

      三が日が過ぎましたが、まだまだお正月ムードですよね〜

       

      新年に心機一転、新しく靴を買い換えよう、

      という方も多いのではないのでしょうか。

       

      新しく靴を買う、、、となった時

      皆さまサイズ選びはどうなさっていますか?

       

      実寸より1〜1.5cm余裕をとる「捨て寸」のお話はしたと思いますが…

       

      ★☆「捨て寸」の記事はこちら☆★

      良い靴の選び方 19:つま先のよゆう「すてすん」

      良い靴の選び方 20 : 続・つま先のよゆう「すてすん」

       

      今回は違った角度から、靴選びに役立つお話をしたいと思います。

      「いつも23.5cmでピッタリだから、それ以外のサイズは選ばない!」という方…

      その靴選び、間違っているかもしれませんよ!!!

       

      〜〜〜〜〜〜〜〜

      本日は靴のサイズ表記にまつわるお話です。

       

      それでは皆さまに、さっそく質問です。

      ここに23.5cmのウォーキングシューズが2足あります。

      どちらもアサヒシューズから発売されている人気商品です。

       

      靴の内寸をあらわすであろう中敷きの長さは、

      同じだとお思いですか?また、何センチ位あるでしょう???

      どちらもアサヒシューズのウォーキングシューズ。左:[TOP DRY]TDY3862 右:[Medical Walk]L001 

       

       

      「どちらも23.5cmなんだから、同じ23.5cmに決っている。まして同じ会社が作っているのだし‥」

      そう思うかもしれませんが、実際にはこの2つの靴、

      同じサイズ表記でも内寸の大きさが違う靴として、スタッフの間でも有名な靴なんです!

       

      左;メディカルウォーク 右;TOP DRY どちらも23.5cmのEEE

       

      実際に定規で測ってみると、TOP DRYの中敷きは24.0cmですが、

      メディカルウォークの中敷きは25.0cmありました。

       

      画像で比べてみても、一目瞭然。

      メディカルウォークのほうが1cm大きい

       

      このように、同じ23.5cmの靴でも、

      実際の大きさは靴によって5mm〜2cm程あると言われています。

       

      なぜ同じサイズ表記なのに実寸に2cmも差が出てしまうことがあるのか?

       

      それは日本では、実際の足の長さが23.5cmの人が履いて

      ちょうどよいと感じる大きさをメーカー独自の視点で割り出し表示する決まりになっているからです。

       

      いわば厳格な決まりはなく、サイズ表示は大きさにバラつきがあり、

      靴選びの単なる目安に過ぎないのですね…。

       

      靴のサイズ表記は単なる目安、という事をお分かりいただけたでしょうか?

      「このサイズしか履けない!」と固執してしまうと、

      履けたかもしれない気に入ったデザインの靴を逃してしまうかもしれないどころか、

      足の健康に悪影響な靴を選んでしまっているかもしれませんよ!

       

      サイズに迷いがあるときには、当店のスタッフが確認いたしますので、

      お気軽にお声がけくださいね(^^♪

       

       

      ●*****●●*****●●*****●●*****●

      インスタグラム
      https://www.instagram.com/robinfoot_shoe/ 

      Facebook

      https://www.facebook.com/robinfoot.shoe/

      フォローお待ちしてます😄 
      お問い合わせはお気軽に⤴⤴

      ●*****●●*****●●*****●●*****●

      HP:http://robinfoot-shoe.com/

       

      ●*****●●*****●●*****●
      ロビンフット靴店 大船店
      〒247-0056
      神奈川県鎌倉市大船2-6-1
      TEL:0467-42-6322
      *****

       

      ●*****●●*****●●*****●
      ロビンフット靴店 荻窪店
      〒167-0032
      東京都杉並区天沼3-4-12
      TEL:03-5347-0890
      *****

       

      ●*****●●*****●●*****●
      ロビンフット靴店 大森店
      〒143-0016
      東京都大田区大森北1-11-1
      TEL:03-6423-0733
      *****
      営業時間
      午前10:00 〜 午後7:00

      *****

      *****

      定休日

      水曜日

      ●*****●●*****●●*****●

       

       

       

      0

        良い靴の選び方 20 : 続・つま先のよゆう「すてすん」

         

         

        2018/08/20

        良い靴の選び方20

         

        捨て寸(すてすん)のお話(2

         

         

        ↑ひもなどで甲周りを調節して押さえられるものがベスト!

         

         

        靴はつま先に大人で1.0〜1.5cm、

        子どもでも7〜8mmのよゆうが必要。

        この寸法のことを「捨て寸」といいます。

         

        というのが前回のおはなし。

         

        スポッと履ける靴で捨て寸は取れる?

         

        答えは、ほぼNO

         

        さっと履いてさっと脱げる靴は、

        履き口をとめて甲を押さえる機能がありません。

         

        すなわち

        1.0〜1.5cmの捨て寸をとると、

        靴の中で足が泳いでしまいます。

         

        歩きにくくなりますし、

        足が前に突っ込んだりして

        ユビ先のトラブルの原因になります。

         

        正しい捨て寸をとれる靴は

        甲がきちんと押さえられる靴

         

        そうなると、やはりひも靴か、

        マジックベルトがベストです。

         

         

        よく「甲になんにもない

        シンプルなデザインがいい!」

        というお客さまもいらっしゃいます。

         

        残念ながら

        甲に「なんにもない」場合は

        捨て寸確保がとてもむずかしいのです。

         

        足ゆびの自由を確保し、

        足の健康、そして全身の健康を保つために

        必要な捨て寸。

         

        捨て寸を確保できるデザインを

        慎重に選びましょう。

         

        ・・・・・・・・・・・・

         

        つづく (*^_^*)

        ・・・・・・・・・・・・

        ・・・・・・・・・・・・・

        インスタグラムやっています‼
        http://www.instagram.com/robinfoot.shoe 

        フォローお待ちしてます😄 
        お問い合わせはお気軽に⤴⤴

        ・・・・・・・・・・・・・

         

         

        「足と靴のお話」By ロビンフット靴店店主

        ブログ編集担当:ロビンフット荻窪店スタッフT

        ・・・・・・・・・・・・

        ロビンフット靴店 荻窪店

        〒167-0032

        東京都杉並区天沼3-4-12

        TEL:03-5347-0890

         

        ロビンフット靴店HPはこちら>>http://robinfoot-shoe.com/index.htm

        0

          良い靴の選び方 19:つま先のよゆう「すてすん」

          2018/08/09

          良い靴の選び方19

           

          捨て寸(すてすん)のお話

           

           

          つま先によゆう。かかとはぴったり。

           

           

          靴はつま先に大人で1.0〜1.5cm、

          子どもでも7〜8mmのよゆうが必要です。

           

          この寸法のことを「捨て寸」といいます。

           

          歩くと足のゆびが伸びます

           

          歩いて足が屈曲したとき、

          足ゆびが1cmほど前に伸びます。

           

          その時に「捨て寸」がないと

          靴のつま先にゆび先がつっかえてしまいます。

           

          つっかえるのがイヤで

          足を屈曲させない歩き方になることもあり、

          そうすると今度は腰だとかほかの部分に

          負担がかかってくることになります。

           

          足ゆびの自由を確保し、

          足の健康、そして全身の健康を保つために

          捨て寸が必要なのです。

           

          ・・・・・・・・・・・・

           

          つづく (*^_^*)

          ・・・・・・・・・・・・

          ・・・・・・・・・・・・・

          インスタグラムやっています‼
          http://www.instagram.com/robinfoot.shoe 

          フォローお待ちしてます😄 
          お問い合わせはお気軽に⤴⤴

          ・・・・・・・・・・・・・

           

           

          「足と靴のお話」By ロビンフット靴店店主

          ブログ編集担当:ロビンフット荻窪店スタッフT

          ・・・・・・・・・・・・

          ロビンフット靴店 荻窪店

          〒167-0032

          東京都杉並区天沼3-4-12

          TEL:03-5347-0890

           

          ロビンフット靴店HPはこちら>>http://robinfoot-shoe.com/index.htm

          0

            良い靴の選び方:軽くてやわらかい靴は…

             

            足に良い靴は軽くてやわらかな靴?(2

             

             

            AFW98533

             

            足によい靴は

            体重をしっかり支えるために

            靴底やカカトに硬い芯がはいっています。

             

            そのため

            手で持つと少し重く硬い感触がします。

            しかし、履いて歩くと重さは感じません。

             

            それは靴の重さで

            足が前に振り出されるからです。

             

            よほど筋力がなく

            歩くのがやっと、という人以外は

            靴は少し重いくらいのほうが

            楽に歩けます。

             

            カカトの芯がはじめのうちは

            足に当たる感じがするかもしれませんが、

            しばらく履くと足に馴染んできます。

             

            手でヒョイッとねじれてしまうほどに

            やわらかな靴では体重を支え切れず、

            足だけでなく膝や腰も痛めてしまいますので

            気を付けましょう!

             

            ここまでやわらかいのはちょっと、、、

             

            ・・・・・・・・・・・・

            つづく (*^_^*)

            ・・・・・・・・・・・・

             

            ・・・・・・・・・・・

            ただ今夏物SALE中!

            ・・・・・・・・・・・

            ・・・・・・・・・・・・・

            インスタグラムやっています‼
            https://www.instagram.com/robinfoot_shoe/

            フォローお待ちしてます😄 
            お問い合わせはお気軽に⤴⤴

            ・・・・・・・・・・・・・

             

             

            「足と靴のお話」By ロビンフット靴店店主

            ブログ編集担当:ロビンフット荻窪店スタッフT

            ・・・・・・・・・・・・

            ロビンフット靴店 荻窪店

            〒167-0032

            東京都杉並区天沼3-4-12

            TEL:03-5347-0890

             

            ロビンフット靴店HPはこちら>>http://robinfoot-shoe.com/index.htm

             

            0

              足と靴のお話:軽くてやわらかな靴は、いい靴?

               

              良い靴の選び方17

               

              足に良い靴は軽くてやわらかな靴?(1

               

              「軽くてやわらかくて楽な靴をください」

              というお客さまがたくさんいらっしゃいます。

               

              ※軽くてやわらかくてねじれてしまう靴

              あんまり足には良くありません、、、

               

               

              「楽な靴」とは

              足を守り

              たくさん歩いても疲れない靴

              をいうはずです。

               

              たとえば

              登山靴は一日じゅう歩いても疲れないように

              硬く重くできています。

               

              街を歩く靴と登山靴では

              歩く環境が違うので

              単純にはいえませんが…

               

              足によい靴は

              体重をしっかり支えるために

              靴底やカカトに硬い芯がはいっています。

               

              そのため

              手で持つと少し重く硬い感触がしますが、

              それが良い靴です。

               

              ※カカトや底に芯のはいった靴

              ユビのつけ根部分だけ曲がります

               

              ・・・・・

               

              カカトをふんづけて

              ササっと履くことができる靴だと

              楽でいいわー

              と言われることがよくありますが…

               

              楽にスポッと履ける靴は

              楽に歩けません。

               

              履くのが大変な靴のほうが

              歩くのが楽です。

               

              矛盾するような表現ですが

              真実です*

               

              なぜなのか?

              それはまた次回。

               

              つづく (*^_^*)

               

              ・・・・・・・・・・・・・

              インスタグラムやっています‼
              https://www.instagram.com/robinfoot_shoe/

              フォローお待ちしてます😄 
              お問い合わせはお気軽に⤴⤴

              ・・・・・・・・・・・・・

               

               

              「足と靴のお話」By ロビンフット靴店店主

              ブログ編集担当:ロビンフット荻窪店スタッフT

              ・・・・・・・・・・・・

              ロビンフット靴店 荻窪店

              〒167-0032

              東京都杉並区天沼3-4-12

              TEL:03-5347-0890

               

              ロビンフット靴店HPはこちら>>http://robinfoot-shoe.com/index.htm

              0

                良い靴の選び方15:パンプスのご紹介

                 

                 

                パンプスの選び方4

                 

                再々々度申し上げますが…

                パンプスは本来

                歩き回るための靴ではありません

                 

                パンプスに

                履き心地を求めるなら

                いかに靴の中で足がズレないか

                 

                いかに靴の中で

                足をズレさせない機能があるか

                が大切なこと。

                 

                ヒールは低いほど楽で

                靴の形状も足の形状に近いものほど疲れません。

                 

                というわけで

                パンプスに履き心地を求めると

                デザインが制限されてしまうのですが、、、

                 

                そんななかで

                当店自慢のオススメをご紹介します。

                 

                V.H.900(800)

                履き心地を重視しながらも

                線の細いエレガンス性を追求。

                ダブルになったストラップが

                効率的に甲を押さえます。

                 

                 

                Shu2  0126

                つま先のゆったりさが格別。

                パンプスといえばユビ先我慢…ということが

                この靴ではありえません!

                ジグザグベルトで甲もしっかり支え、

                長時間歩いても疲れません。

                安心のパンプスとして大人気の

                ロングセラーです。

                 

                 

                SA1003(1004)

                パンプスでありながら

                足の健康を守るために作られた究極のパンプス。

                強靭な靴の背骨“シャンク”が入り、

                体重をしっかり支えてくれます。

                カカト部の芯や

                太めの甲ベルトで足をしっかり保持します。

                 

                 

                 

                 

                つづく (*^_^*)

                 

                ・・・・・・・・・・・・・

                インスタグラムやっています‼
                https://www.instagram.com/robinfoot_shoe/

                フォローお待ちしてます😄 
                お問い合わせはお気軽に⤴⤴

                ・・・・・・・・・・・・・

                 

                 

                「足と靴のお話」By ロビンフット靴店店主

                ブログ編集担当:ロビンフット荻窪店スタッフT

                ・・・・・・・・・・・・

                ロビンフット靴店 荻窪店

                〒167-0032

                東京都杉並区天沼3-4-12

                TEL:03-5347-0890

                 

                ロビンフット靴店HPはこちら>>http://robinfoot-shoe.com/index.htm

                0

                  | 1/5PAGES | >>

                       12
                  3456789
                  10111213141516
                  17181920212223
                  24252627282930
                  << November 2019 >>

                  ロビンフット靴店は

                  ご希望の方の足をお測りして、
                  足のカルテを作り、
                  無料でさしあげています。

                  営業時間
                   11時(荻窪10時)〜19時
                  水曜定休(祝・休日は営業)
                   年末年始と夏季休暇あり
                  ★大船店
                   神奈川県鎌倉市大船2-6-1
                   0467(42)6322
                  ★荻窪店
                   東京都杉並区天沼3-4-12
                   03(5347)0890
                  ★大森店
                   東京都大田区大森北1-11-1
                   03(6423)0733

                  最新の投稿

                  カテゴリー

                  一覧

                  コメント

                  リンク

                  サイト内検索

                  その他

                  mobile

                  qrcode