外反母趾の痛みに負けない!靴の選び方・履き方

こんにちは!スタッフMです。

今日は引き続き、足のお悩みNO.1「外反母趾」について。第二弾の記事です。

 

前回の記事(親指が痛い!外反母趾って治せるの?改善するためのポイントはズバリ「靴習慣」)では、

外反母趾は靴で足指の自由が奪われる「靴生活」の積み重ねで発症していくことをお伝えしました。

 

本日のテーマはズバリ…

健康的な「靴生活」を送るための靴選びについて書いていきます。

 

 

【靴選びの秘訣.汽ぅ坐び】

外反母趾は

〃い蚤指の自由が奪われる

△修里燭瓩剖敍や靭帯の力が弱まる

Bのすぼみ(横のアーチ)に力がなくなり、足が横に広がり、親指の関節が靴にあたる・・・

といった過程で発症します。

 

 ,慮彊として、間違ったサイズ選びをしてしまっている事がまず挙げられます。

靴につま先があたってしまうと足指の自由が奪われてしまうので、

「捨て寸」と呼ばれる、実寸より1〜1.5cm程つま先にゆとりのあるサイズ選びが必要になります。

 

つま先ではなく、カカトに合わせて履く

 

また、靴を履く時のイメージと言うと、

つま先をトントンとつくイメージが一般的ですが、それではつま先に余裕は取れません。

つま先ではなく、カカトにしっかりと靴を添わせるようにしましょう。

カカトには通常、足を支えるための硬い芯が入っているので、添わせてあげる事で楽に歩く事ができます。

 

 

中敷きに足を当ててサイズ選びをすると選びやすい。つま先には最低でも1僂陵祥気髻

同じ「23cm」と言う表記の靴であっても、メーカーや木型によって実際のサイズは変わってきます。

差が大きいものだと、2cm以上違うことも…

「いつも23僂鯀んでいるから」といった具合に、サイズ表記を鵜呑みにするのではなく

都度、そのサイズで良いのか確認するようにしましょう。

 

「捨て寸」があるかどうかは、中敷が抜けるタイプの靴であれば、

中敷を抜いて、足に合わせてみましょう。

その際、靴を履く時と同様に、カカトに足を合わせましょう。

 

つま先に指一本と少しの余裕があれば、きちんと「捨て寸」のあるサイズ選びが出来ています。

足は立ち上がるとさらに大きく伸びるので、ギリギリ指一本分ではなく、それよりも少し余裕がある位が望ましいです。(※画像参照)

 

 

【靴選びの秘訣足の形に合った靴を選ぶ】

人間の足の広がり方に対して、先がすぼまっている靴が多い。

,慮彊となる靴は、窮屈なサイズ選びの靴だけに限りません。

 

赤ちゃんの足を想像していただけると分かりやすいのですが、人間の足はつま先にかけて広い扇形をしています。

足指の自由を確保するための靴選びをしようと思うと、この扇形に沿った形の靴を選ばなければいけないのですが、

健康的なイメージであるはずのスニーカーや、※「4E」などの幅広なイメージを謳った靴でさえ、

先がすぼまったデザインであることがほとんどです。

 

(※【E】という表記は幅のことであると勘違いされがちなのですが、

足囲を表す数字なので、【先すぼまりの4E】の靴も数多くあります。

この辺のお話は、また別の機会に・・・)

 

実をいうと、日本の市場に出回っているほとんどの靴は、指先に十分なゆとりは取れません。

そのため、正しい知識を持たずに靴選びをすると、足の形に合わない靴を選んでいることがほとんどです。

 

先に書いた中敷きの上に乗る確認方法は、

ご自身の足の形に沿った靴かどうかの確認にも有用です。

 

 

【靴選びの秘訣I海筌戰襯箸覆瀕韻瓩里△觀ぁ

脱ぎ履きしやすく、おしゃれなスリッポンですが、足には負担が大きい。

 

加えて、紐やベルトの無いスリッポンタイプの靴も好ましくありません。

 

いくら爪先に余裕のあるサイズ選びをしても、足が靴の中でズルズル動いてしまうので、歩きにくくなってしまいます。

また、この時足の指は足が動いてしまわないように踏ん張った状態になるので、足指の自由は奪われます。

 

そもそも、カカトがパカパカと脱げる原因にもなってしまうので、余裕のあるサイズ選びは出来ません。

 

 

この問題は、スリッポンだけの問題ではなく、

ヒモ靴を結びなおさずに脱ぎ履きする方も要注意です。

 

せっかく靴に足を固定する役割のある紐があっても、きちんと締めないのであればスリッポンを履いているのと同じです。

 

日本人は玄関で靴を脱ぎ履きすることや、草履下駄の文化からかでしょうか。

靴ひもをしっかりと締めずに歩いている人がとても多いです。

 

 

【まとめ】

いかがでしたか?

靴は元々ヨーロッパの文化で、日本での歴史はまだまだ浅く、

その正しい選び方や履き方の文化までは浸透していないのが現状です。

このブログをきっかけに今一度、靴を選ぶ際の参考にしていただけると幸いです。

 

*本日のお話のおさらい*

◆つま先に1〜1.5cm程ゆとりのあるサイズ選びをする

◆靴をカカトにしっかりと添わせて履く

◆紐やマジックベルトのある靴を選び、しっかりと留める

◆先がすぼまったデザインを避け、足の形にあった幅広の靴を選ぶ

●*****●●*****●●*****●●*****●

インスタグラムやっています‼
https://www.instagram.com/robinfoot_shoe/ 

フォローお待ちしてます😄 
お問い合わせはお気軽に⤴⤴

●*****●●*****●●*****●●*****●

HP:http://robinfoot-shoe.com/

 

●*****●●*****●●*****●
ロビンフット靴店 大船店
〒247-0056
神奈川県鎌倉市大船2-6-1

TEL:0467-42-6322

11:00-19:00


*****

 

●*****●●*****●●*****●
ロビンフット靴店 荻窪店
〒167-0032
東京都杉並区天沼3-4-12
TEL:03-5347-0890

10:00-19:00


*****

 

●*****●●*****●●*****●
ロビンフット靴店 大森店
〒143-0016
東京都大田区大森北1-11-1
TEL:03-6423-0733
11:00-19:00

 

*****

 

定休日:水曜日

●*****●●*****●●*****●

 

 

0

    コメント
    コメントする








       

       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    ロビンフット靴店は

    ご希望の方の足をお測りして、
    足のカルテを作り、
    無料でさしあげています。

    営業時間(時短営業中です)
    ・大船店&大森店11時〜17時
    ・荻窪店10時〜17時
    ※営業時間中にご連絡いただければ、
     18時まで対応いたします。
     水曜定休(祝・休日は営業)
     年末年始と夏季休暇あり

    ★大船店
     神奈川県鎌倉市大船2-6-1
     0467(42)6322
     robinfoot.oohfuna@gmail.com
    ★荻窪店
     東京都杉並区天沼3-4-12
     03(5347)0890
     robinfoot.ogikubo@gmail.com
    ★大森店
     東京都大田区大森北1-11-1
     03(6423)0733
     oomori.robinfoot@gmail.com

    最新の投稿

    カテゴリー

    一覧

    コメント

    リンク

    サイト内検索

    その他

    mobile

    qrcode